初心者バドミントン教室「ショートドライブ」

バドミントン教室ショートドライブ

通常のドライブより前に出てサービスライン付近でショートドライブをします。ダブルスの前衛が繋ぎでよく使うショットの練習。直線的な球を打ち、フワッと浮いた球を打たないようにします。

ショートドライブは体幹で打つ

  • ショートドライブは、面を合わせて足を使って体で押し出すように打ちます。
  • 小手先のラケットワークで打たない。体幹で打つようにします。
  • 面を立てて切るように打つことでシャトルを沈めます。切ると聞くと手首を使ってしまいがちですが、手首や腕の振りで切るのではなく、体で押し込むように切ります。
  • 体から遠いシャトルを手を伸ばして打つのではなく、足を動かして、打てる範囲内に移動します。
  • 構えはドライブと同じ前傾姿勢。早い球は打ちませんが、打点は出来るだけ前で打つようにします。