初心者バドミントン教室「ドライブレシーブに対するプッシュ」

バドミントン教室ドライブレシーブに対するプッシュ

ネット前で速い球に対してプッシュします。球出しは上下左右に速いシャトルを投げます。プッシュは狙った場所へ打てるように練習します。

速い球に対するプッシュは面を作って体の前で押すように打つ

  • 肘を前に出して面を作って押すように打ちます。速いドライブレシーブに対してラケットを振ると間に合わないため、まさにプッシュするように押します。
  • 速い球に対して体の前で打点を作ることが大切です。打点が顔の横や頭の上になると、目で見えない所で打つことになるためミスしやすくなります。
  • 体の前で打点を作れるなら上半身を後ろに反らしながら打っても良いし、足を使って後ろに下がって打っても良いです。
  • グリップはイースタングリップより少しウエスタン寄りに持ちます。ウエスタンだと面が空気抵抗を受け過ぎますし、イースタンだと押す時に面を返す動作が入る分遅れてしまいます。