川崎市をバドミントンで盛り上げよう

スポーツのまち川崎 まーるん

川崎市では誰もがスポーツの楽しさを感じることができる「スポーツのまち・かわさき」を掲げており、市民の一人ひとりが健康で明るく生きがいを持って暮らすことができるまちづくりを目指しています。みかんクラブも川崎市から承認を得ており、バドミントンサークルとしてのケイパビリティを発揮し微力ながらスポーツのまち・かわさきの活動を推進していきます。バドミントンを通じて川崎市を盛り上げて行きましょう!

スポーツで高齢者の生涯現役を促進

高齢化社会 まーるん

川崎市スポーツ協会は、スポーツのまち・かわさきの名称で川崎市内のスポーツに関する情報をFacebookで発信しています。川崎市の中でも急速な発展を遂げている武蔵小杉で、サッカーの川崎フロンターレだけでなくバスケットやバレーボールなどの企業チームも多く存在しておりスポーツで盛り上がっていることが分かります。生涯現役が求められる日本の高齢化社会状況において、スポーツは一人ひとりの健康や活力につながる重要な役割となると考えます。