初心者バドミントン教室「プッシュレシーブ」

バドミントン教室プッシュレシーブ

2対1でプッシュレシーブの練習をします。レシーブは同じ人に複数回返球しても良いし、違う人に返球しても良いです。

プッシュレシーブは振らずに叩く

  • レシーブは、バックハンドで打つことを徹底します。
  • ラケットは振らずに叩きます。打点はかなり前。ドライブよりも前で叩きます。
  • レシーブする時も手首を立てて肘の位置を調整します。手首を寝かせないようにします。
  • 足を肩幅より広く開きます。足の親指の付け根である母指球に重心を置きます。体は前傾姿勢。
  • ネットと平行に足を開きます。よっぽど取れない場合以外は足を前に出さないようにし、膝の重心移動で取ります。
  • 打つ瞬間に体を上下に動かさないように注意します。目線が上下に動くとレシーブが安定しません。