初心者バドミントン教室「肘を動かして打つ」

バドミントン教室肘を動かす練習1

両足をネットと平行に開き、上半身を半身に構えて肘を回してシャトルを強く打ち込む練習。

バドミントン教室肘を動かす練習2

前衛でサイドステップを使って左右に飛びついて肘を使って強く打ち込む練習。

DA PUMPのUSAのように肘を動かす

  • 肩を回す動きや手首を旋回する力だけでは強い球を打てません。肘を使った回転運動が必要となります。
  • 肘を中心に手を動かすというより、肘自体を動かすイメージで振った時に肘が少し上がるくらいのイメージ。
  • 上から打つ時だけでなく、下から打つ時も横から打つ時もバックハンドもハイバックもどんなショットも肘を動かします。
  • 肘を動かす時に手首を立てて打ちます。手首が伸びていると肘を回すようにして打つことが出来なくなります。
  • 足を使って打つ時は腕を伸ばすと肘を使えなくなってしまうため、しっかりと足を使って追いついて飛びつくようにします。