初心者バドミントン教室「ドライブ」

バドミントン教室ドライブ1

ドライブはネットを挟まずバドミントンコートを横に使って練習します。ネットが無いと高低差が関係無くなり、より早く様々なコースに対応する返球能力が求められます。片方がストレート、もう片方がクロスに返球することで、グリップチェンジの練習になります。

バドミントン教室ドライブ2

2人1組になって、足を使ってローテーションしながらドライブを打ちます。始めは2球でローテーションし、慣れてきたら1球でローテーションします。1球でローテーションする場合は、小さな円上で細かく足を動かします。

ドライブは人差し指と親指以外の3本の指を、インパクトの瞬間握りこむ

  • ドライブは、スムーズなグリップチェンジと正確なシャトルコントロールの訓練をします。
  • 両足をネットと平行になるように開いて、足の親指の母指球に重心を置き、前傾姿勢を保ちます。
  • 甘い球の場合は足を前に出して、フォアハンドで打ちます。足を出した分、打点がさらに前になるようにします。
  • フォアもバックもシャトルが来た方向に手首を引いて、弾くように打ちます。
  • 腕を振り過ぎて、打点が体の近くに入らないように注意します。手首を中心に振って打点を前に作ります。
  • ラケットを振り切り過ぎ無い、次の球に間に合うよう早く構えます。
  • フォアとバックの両方をバックハンドで打つこともありますがが、グリップチェンジを鍛えるために、フォアはフォアハンドで、バックはバックハンドで打ちます。
  • 脱力しインパクトの瞬間に力を入れます。指は人差し指と親指以外の3本の指を、インパクトの瞬間握りこみます。
  • ラケットヘッドは打った方向に振ります。ストレートに打った場合はストレートにラケットヘッドを振り、斜めにラケットヘッドが流れないようにします。