初心者バドミントン教室「プッシュ」

バドミントン教室プッシュ

基礎打ちと同じように片方がプッシュ、もう片方がプッシュレシーブをします。プッシュレシーブはフワッとしたネット返しやスピードのあるドライブレシーブなど出来るだけシャトルに変化をつけて返球します。

プッシュは右肘も左肘も上げる

  • プッシュは、スマッシュとは全く違う難易度の高いショットであることを意識します。
  • スマッシュのようにラケットを振り切らず、コンパクトに振ります。特にラウンド側はラケットヘッドを引き過ぎないようにします。
  • コンパクト過ぎて、シャトルに当てるだけのプッシュにならないように注意します。
  • 肘を上げて打ち、打った後も肘を下げないようにします。利き腕と反対の肘も上げてバランスを取ります。
  • シャトルと体の距離が遠いと腕を振ってしまうので、足を動かして体の前でシャトルを捉えます。