初心者バドミントン教室「サーブ」

バドミントン教室サーブ

ひたすらショートサーブを打ちます。日本ユニシスではショートサーブだけ1000回近く練習することもあるとのこと。

ショートサーブはシャトルにラケット面をセットして押し出す

  • ダブルスはショートサーブをいかに極めるかなので、ショーサーブが浮かないバックハンドで打ちます。
  • シャトルの位置が変わると反復練習の効果が無いので、左肘を伸ばしてシャトルの打つ位置を固定します。
  • ラケット面をシャトルに当てて押し出します。ラケットは振らないようにします。
  • スイートスポットで打つとシャトルが浮きやすくなります。スイートスポットを外して、ラケット面の先の方で打ちます。
  • シャトルを持つ手はラケット面に近づけます。コルクを自分の方向に向けて、打つ時にシャトルを投げないようにします。
  • ロングサーブもラケット面をシャトルに当てるところまでは同じ要領。ロングサーブの場合、押し出すのではなく弾くように打ちます。