バドミントンラジオ「バドミントンにおける武器とは」

まーるん

これといった武器を持っていないのですが、やはり武器となるものがあった方が良いのでしょうか?という質問に対する返答となります。

まーるん

バドミントンにおいて武器があるかないかで言えば、武器があった方が確実に良いです。例えば速いスマッシュが武器であれば、それが相手にとって脅威となります。同じシチュエーションになった際に、相手は一番脅威となるものを警戒するため、ドリブンクリアやドロップ等の違う狙いもはまりやすくなります。バドミントンは得意分野に持ち込むことが出来れば点数が入り易く楽に勝てるようになります。

まーるん

人それぞれ習得しやすい武器は違います。速いスマッシュだけでなく、コントロールという精度だけはピカイチというのも武器ですし、ラリーになったら我慢比べで勝てるというのも1つの武器です。相手に脅威を与える単発のショットが無かったとしても、このパターンに持っていくことが出来れば得点が入るといったような強みを持っていればそれが武器になります。

まーるん

相手にとってこれをやられると嫌だというショットや土俵がその人にとっての武器になります。今までの試合で、自分が得意なものは何なのか?どんなプレイで点を取れているのか?を振り返って自分の武器に気づくことが大切です。これといった武器がないと思っている人は、自分の武器に気づいていないだけです。客観的に自分を見て新たな発見をしましょう。

コンテンツ
AIアシスタント