バドミントンラジオ第3話「シングルスで勝てる人勝てない人」

まーるん

シングルスは一番過酷な種目と言われています。その一方、シングルスの魅力やメリットというのは、自分のプレーは全て自分だけの責任であるという点です。シングルスで負けたとしても、誰にも迷惑をかけることはありません。逆に言えば、誰も助けてくれません。自分で考え、自分で動き、戦う。それがシングルスの醍醐味であり魅力です。

まーるん

そういった種目の中で、勝つためには相手に諦めさせること。もう1つ、人は窮地に立たされると得意なショットを打ちたくなります。その得意なショットがミスショットになると絶望感につながり、負けることがなくなるといったお話です。

まーるん

さて、次回はダブルスについてのラジオ音声をお送りします。実は強いダブルスペアには特徴があるんです。

AIアシスタント