バドミントンラジオ「団体戦に必要な心構えと練習方法」

まーるん

団体戦で勝つために必要な心構えと練習方法を教えてください。という質問に対する井川さんの回答です。

まーるん

社会人の団体戦としては日本リーグ(ダブルス2試合・シングルス1試合)、全日本実業団(ダブルス2試合・シングルス3試合)、全国レディース(ダブルス3試合)などがあります。基本的には団体戦はチーム力が大切となり、個人としての能力は高く無くてもチーム力や応援を力に変えることが出来る選手が活躍します。

まーるん

2016年リオデジャネイロオリンピックで日本男子リレー(100m×4)が銀メダルを取れたのは、個々が100m走に出ても誰も決勝に行くことが出来ない中で、団体戦になってスタートやバドンなどの1つ1つの緻密なチームワークを全員が同じ意識の中で練習した結果です。

まーるん

バドミントンの団体戦はオーダーの戦略に関わらず常に100の力を発揮するチーム力が必要です。エースでない人達が自分は捨て駒だからどうせ勝てないといった意識で戦うのではなく、1人1人が自分で試合を決めるといった同じ意識の中で戦うことでチームとして全員で勝ちにいく心構えが大切です。自分がチームの勝ち負けを左右する状況を想定して、常に緊張感のもとで練習するよう日頃から取り組みましょう。

コンテンツ
AIアシスタント