バドミントンラケットの持ち方 フォアハンド

フォアハンドの持ち方

バドミントンのフォアハンドストローク、オーバーヘッドストローク等の多くのショットはラケットをイースタングリップで持ちます。イースタングリップは、八角形のグリップが縦になるように置き、利き手を真上から軽く抑えるように持ちます。手首の前後運動ではなく内旋・外旋といった旋回運動を使って、鞭のように腕を軸回転させてスイングします。

バドミントンラケットの持ち方 バックハンド

バックハンドの持ち方

バドミントンのバックハンドストローク、レシーブ等のショットはバックハンドグリップに持ち替えます。イースタングリップの面から少し右に回転した状態で持ち、同じように利き手を真上から軽く抑えます。すると、グリップの親指と人差し指の間にスペースが出来ますので、そこに親指の位置をずらして持ちます。このようにすることで、親指でしっかりと押し返すことが出来るバックハンドの持ち方になります。

フォアハンドとバックハンドの持ち替え

バドミントンラケットの持ち替えに関しては、親指と人差し指の二本の指でグリップ操作して、残り三本の指を軽く握ります。二本の指でグリップを回して握るイメージでフォアハンドとバックハンドをスムーズに持ち替えます。余り大袈裟にグリップを回さずに、出来るだけシンプルに持ち替える方法を見つけましょう。シンプルイズベスト!