バドミントンダブルスの基本ポジション

サイドバイとトッパン まーるん

バドミントンダブルスの基本ポジションは、青①と青②の2人が横並びになるサイドバイ(サイドバイサイド)と赤①と赤②の2人が縦並びになるトッパン(トップアンドバック)があります。

まーるん

複雑なところはさておき、サイドバイが守備的なポジションでトッパンが攻撃的なポジションであることをまずは覚えましょう。攻撃的なポジションの方がより得点に繋がりますので、ダブルスではいかにトッパンのポジションへ持ち込んで攻撃をするかが重要となります。

なぜトッパンは攻撃的なポジションなのか?

なぜトッパンは攻撃的なのか まーるん

サイドバイの青①よりもトッパンの赤①の方がネットまでの距離が短くなります。ネットまでの距離によってネットの上から打つか、下から打つかが大きく変わります。距離が短い方がネットに詰めて上から打てる確率が上がり攻撃的にプレーできます。

まーるん

次に、サイドバイの青①は前後をカバーしなければならず思考の分岐が起こりますが、トッパンの赤①は前だけに集中できます。前へのスピードは集中できる方が当然速くなります。

トッパンになることのデメリットと対策

トッパンのデメリット まーるん

攻撃的なトッパンですがデメリットもあります。赤①と赤②が縦に並んでいることから両サイドにスペースが空き、ここにスマッシュを打たれると返球することが難しくなります。また、赤①はネットまでの距離が近いため攻撃的な反面、速いショットへの難易度が高くなります。簡単に言えば、スマッシュをこの距離で返球することは難しくなります。

まーるん

ではどうすればいいのでしょうか?デメリットの要因はいずれもスマッシュ。相手にスマッシュを打たれない状況なら攻撃的なトッパンを維持することが出来るということです。スマッシュを打たれる状況を簡単に挙げると、クリアを相手に打った場合とロブを相手に打った場合です。クリアやロブを相手に打った場合は、サイドバイにポジション変更する必要があります。

状況に応じて対応範囲は複雑に変化する

サイドバイの守備範囲 まーるん

サイドバイの場合は横並びになった2人が基本的にはそれぞれ縦に守備範囲を持ちます。

トッパンの攻撃範囲 まーるん

トッパンの場合は縦並びになった2人が基本的にはそれぞれ横に攻撃範囲を持ちます。これだけでなく、バドミントンの場合は様々な条件が複雑に絡み合って、2人のポジションや対応範囲が変わって行きます。

攻撃的なサイドバイ まーるん

例えば後衛の赤②が右からチャンス球と呼ばれる中間球を打ち込んだ場合、左奥のカウンターをケアするため赤①は左後ろに下がります。このケースでは、攻撃しているにも関わらずサイドバイになります。右のネット前に甘い返球があれば赤②がそのまま前に詰め、左のネット前に甘い返球があれば赤①が再び前に詰めて叩きます。

コンテンツ