バドミントンのフェイント

まーるん

フェイントと聞いて一番最初に思い浮かぶのは、顔や体をラケットの面と違う方向に向けて打つことを想像しますが、バドミントンでそのようなフェイントをしてしまうとインパクト時にシャトルを見失ってしまい、相手を騙すことが出来ても自分が不利になる場合があります。

まーるん

バドミントンの基本となるフェイントは早い段階でラケット面を見せて相手の足を止めることです。ラケット面を作った方向に打つと思わせて、その後にタイミングを遅らせて、溜めを作った状態からラケットをスイングして相手の逆をつきます。

まーるん

フェイントはラケット面を見せることを基本として、面を切るように打ったり弾くように打ったり様々な種類がありますので、まずは以下動画でイメージを掴みましょう。

シャトルに対しての柔らかいラケットタッチ練習

シャトルリフティング
  • フェイントに必要な柔らかいタッチを身につけます。柔らかいタッチはシャトルとラケットの接地時間を出来るだけ長くとる必要があります。
  • コートを横に使って、ラケットでシャトルを弾かないように勢いを殺すようなシャトルリフティングをします。
  • フォアとバックの交互にシャトルを掴んで上に投げるように繰り返すことで、ラケット感覚が養われます。

溜めを作るフェイントノック練習

溜めを作って四隅にフェイント練習
  • ラケットを立てた状態でシャトルに入って高い位置で取ると相手に思わせます。
  • 早い段階でラケットの面を作れるように足をしっかり動かすことを意識します。
  • インパクトの直前にラケットを20cm程引き、溜めを作ってスイングしコートの四隅に打ち分けます。
  • 右前と左前の両方で同じフェイントノック練習をします。
コンテンツ