バドミントンラケットの選び方

ラケットを選ぶポイント

メーカーの違い

昔はヨネックスとゴーセンが有名でしたが、今は様々なメーカーが良質なラケットを販売しています。部長自身もヨネックス→ゴーセン→バボラ→カラカル→ヨネックスと様々なメーカーを試してきました。

ガットの違い

ガットを張る際の強度(テンション)で飛び方が変わります。テンションの単位はポンド。16〜35ポンドくらいまであります。数字が大きい程、強く張った状態。ラケット毎に張れる強さが決まっています。弱く張れば反動を使えるので飛ばしやすい、強く張ればブレが少ないのでコントロールしやすくなります。初心者は16〜20ポンドくらいから始めて徐々に上げていくのが理想です。

重さの違い

ラケットの重さでスイングが変わります。重さの単位はU。2U〜6U(F)くらいまであり、数字が大きい程軽量です。また、重心の位置も大切で、ラケットの面側に重心があるトップヘビーとグリップ側に重心があるトップライトがあります。軽くてトップライトになる程操作性が良く、重くてトップヘビーな程パワーは乗ります。初心者は軽い物がおすすめで、徐々に重いラケットを扱いこなせるようになるのが理想です。

グリップの太さ

グリップの太さの単位はG。G4〜G6まであります。数字が大きい程細いです。細いと操作性が良く、太いと手首からのパワー伝導率が良いです。握力が弱い人は太いグリップが合います。

面の広さ

面の形はタマゴ形とアイソメトリック形がありますが、今の主流はアイソメトリック。タマゴ形はほとんど売ってません。面が大きい程スイートスポットが広くなるため打ちやすく、面が狭いほどスイートスポットは狭いが打感に優れコントロール性能が増します。